布おむつと紙おむつ②

昨日の続きです。昨日の記事はこちら

離乳食を始めてしばらくして、ほうれん草を食べさせた次の日のことでした。

うんちにほうれん草がびっしり!!!
洗濯前にうんちを取って軽くすすいでから浸しておくのですが、うんちをトイレットペーパーで取るのも大変。
てか、取れない。
広がっていくばかり(涙)

ゴム手袋を装着し、おむつを洗うために新たに用意したバケツの中でゴシゴシ。(浸しておくバケツは別に用意。)
水をトイレに流して、もう一度繰り返し。

この作業をお風呂場とトイレを何往復もしてやらなければなりません。

抱っこやら授乳やらでただでさえ腰や膝が痛いのに、この作業はキツイ!!

おまけに息子は夏生まれなので、この作業の時期は真冬。

日中下洗いまで済ませて浸しておいたおむつを、翌朝旦那がお風呂場でもう一度すすいだのち洗濯機へ投入してくれるのですが、お風呂場もめちゃくちゃ寒いので、それ用に暖房器具を購入したほど。

おむつは柔軟剤や漂白剤を使えないので普通の洗濯物と分けて洗濯しなければならず、午後に普通の洗濯物を洗濯。
冬なのでもちろんおむつは乾かず、それだともう干すところがないので除湿機を衣類乾燥モードにして24時間つけっぱなし。

結果。
水道代と電気代が目ん玉飛び出そうな金額に。

いや~、布おむつが経済的なんてウソでした(>_<) 私たちのやり方が下手だったのかもしれません。 でも、試行錯誤の中で最善策をとってきたつもり。 もうね、後半はストレスしかなかったのです。 おむつ換えするときは暴れられるし、洗うのも大変だし生活費圧迫されるし。 離乳食にほうれん草や小松菜などを食べさせるのも躊躇してしまうほど。 こりゃイカン。と、旦那と相談した結果布おむつはやめようという結論に達したのでした。 でも、子育てしてる!!って充実感はあったかな。 おむつかぶれもしなかったし。 悪いことばかりじゃないですが、もし二人目が生まれたとしてもきっともう布おむつにはしないかな。。。。 まだ取ってあるたくさんの布おむつ。 良い再利用方法も思い浮かばず困ってます。 布おむつで育てた方は、おむつ外れたらそのおむつどうしてるんでしょうか。。


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ