まさかの展開に自分でもちょっとびっくり。

さかのぼること1ヶ月前。
なんと、ここへきて、里帰り出産することになりました。

事の発端は私の「実家帰りたい病」(参照記事
この記事を読んだ旦那が、いつなら実家に行けるか。。。というのを考えてくれたところ、9月しかありませんでした。
9月と言えば、もう妊娠後期。
旦那「もう里帰り出産にしちゃったほうがいい感じだよね」

「あははは~。そうだよね~。」と、冗談として受け止め、やっぱり帰省は難しいな。。。という結論に一度は達したのです。
が!!
待てよ?

そもそも二人目ができたら里帰り出産する予定でした。
しかし、妊娠してすぐに橋本病であることがわかり、一気にリスクが高まってしまったので、現在の居住地での出産を決めました。
そうこうしているうちに、実家でもいろいろあり、そんな中でも出産前から出産後の1ヶ月半くらいは実母が来てくれると言ってくれたのですが、どう考えても私が行ったほうが何かに便利。
幸い橋本病の経過も順調で、投薬もなく数値はずっと安定。
実家の方が家から病院までの距離も近くて行きやすい。

あれ?これって病院さえ何とかなれば、里帰りできそうじゃね?!

そう、問題は病院。
高齢妊婦としては、どうしても総合病院思考が強い。
数値が安定しているとはいえ甲状腺疾患もあるし、息子の時の出産はギリギリだけど出血は多量に丸がついた。
もろもろ考えても個人病院じゃ不安。。。
でも、私の住んでいる地域では、6週の分娩予約でもいっぱいと断られる病院もあるくらい、総合病院は大人気。
実際、息子を出産した病院には断られ、何とか別の総合病院で分娩予約が取れた状況でした。

さすがに無理か。。。とダメ元で電話すると、何ともあっさりOKの返事!!!
さすが田舎(笑)

そんなわけで、無事里帰り出産することとなりました。
とは言っても、まだ向こうの病院を受診していないので、完全に安心はできていない状況ですが^_^;

なので、ここ1ヶ月は準備に大忙し。
向こうに行くと車が無いので、今のうちに必要な買い物は済ませてしまいたいのに、性別が判明しないことで買えないものも多く。
でも、産まれると動きづらいだろうということで幼稚園見学に行って、無事に幼稚園も決まって一安心。
旦那用にいろいろおかずを作り置きして冷凍保存も完了!
旦那は今週夏休みだったので、たっぷり息子と遊んでくれました。
お互いにめっちゃ寂しいんだろうな~^_^;
あ、お互いってのは、旦那と息子ね(笑)

実家には約3ヶ月滞在する予定。
それでも、10月・11月はいい感じに3連休があるので、旦那もこっちに来やすいし、もろもろうまいこといって良かったです。

おとうさん大好きな息子なので、離れてしまってどうなるかちょっと不安ですが、すぐに慣れてくれるといいなぁ。。。
赤ちゃんが産まれるともっと寂しい思いをさせてしまうかもしれないので、今は目一杯息子とじゃれ合おうと思います(*^。^*)


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ