里帰り出産の苦労話・良かった話~移動編~

自宅から実家までは高速道路で約5時間かかります。
息子が産まれてからは休憩時間も増えたので、6時間くらいはかかるようになりました。
特に今回は、私も妊娠後期ということで、休み休みゆっくりの移動でした。

ま、私は座ってるだけだし、苦労という苦労なんてないんですけどね。
それでもやっぱり車内という狭い空間に長時間座っているってのは、大きいお腹ではなかなかツライものがありました。
妊娠後期って頻尿になるし^_^;

しかし、良かったことも。
それは、息子の成長っぷり。
以前は途中で飽きてしまうのか大泣きして大変でしたが、今回はトンネルに入るたびに「トンネル~!」と言ってご機嫌だったり、真剣に行く先を見つめたりと、何だか景色を見る楽しみを覚えたようで、大泣きすることはありませんでした。
食事も、息子用に特別なものを準備する必要もなくなったし、SAでもたくさん歩いてくれるし、息子に関しては本当にいろいろなことが楽になりました。

授乳がなくなったってのも大きいですね。
授乳室はあっても大概一部屋なので、使用中だと待たないといけないし、その間赤子が泣いて大変だったりするので、じゃあ車内で飲ませようかとなると授乳ケープを使ったりで荷物も増えるし。
授乳しやすい服を選ぶ必要が無いってのも結構重要だったり。

そんなわけで、私自身はふーふー言ったり、たまにお腹が張ってイタタタとなってちょっとだけ大変な移動でしたが、体調が悪くなったわけでもないし、息子はとってもいい子で、スムーズに移動できたのでした。
・・・あ、全然苦労話じゃなかったですね^_^;


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ