里帰り出産与太話~散歩編~

実家から徒歩10分圏内に、息子が大好きな刺激が多く助かっています。
消防車、救急車、電車、踏み切り、大きめの公園、車の修理工場などなど。
ごみの集積所も近所にたくさんあるので、回収日にはごみ収集車を追いかけてあちこち移動。
1日目にしてすでにおじさんと仲良しな息子^_^;

消防署では、朝ご飯を食べて散歩に出かけると、ちょうど朝の車両点検の時間らしく、赤色灯をまわしたりサイレンを鳴らしたりするので、その様子を真剣なまなざしで見つめています。
道路を挟んだところで見ているのですが、気づくと消防隊員の方も手を振ってくれたりします。
ほんと、微動だにせずジーーーッと見てますからね^_^;

すでにお気に入りの散歩コースもあるらしく、家を一歩出ると「こっち!」と誘導されます。
1年ぶりに実家に来ましたが、周りの景色がいろいろ変わっていて私もなかなか新鮮。
病院も歩いて行ける距離なので、往復歩いちゃいました。
バスもあるけど、時間がなかなか合わなかったりで、待ってる時間で家着いちゃうんじゃね?って本数だし(笑)

妊娠後期はなるべくたくさん歩こうと思っていたので、何だかいい散歩コースがたくさんあって良かったです。
大きめの公園内を歩くだけでも良い運動になりますし。
だいぶ過ごしやすい気候になってきたので、以前のように汗だくになることもなく、気持ちいい中で散歩できるのもポイント高しですね。

おばーちゃんと3人で散歩するときは、息子を挟んで両側に立って手をつなぎ、ジャンプ~!!と持ち上げて遊びながらお散歩。
息子もキャッキャキャッキャとはしゃいで、「もっかい!」とリクエスト。
あまりにも「もっかい」攻撃が続くので、マンホールの蓋を飛び越えるというルールにして、息子にマンホールの蓋を探させながら歩いていると、あっという間に家に着くので、途中で抱っこをせがまれることもありません。

好奇心旺盛で何にでも興味のある息子も、新しい景色が良い刺激になっているようで、以前にも増して「さんぽ、いく!」と言うようになりました。
時にはご飯を食べながら「さんぽ、いく」と言うことも^_^;

せっかく休めるチャンスなので、「おばーちゃんと行っておいで~♪」と言うのですが、毎回「おかーはんといく!!」と言われるのは嬉しいやらツライやらってところですけどね~。


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ