カンガルーケアと完全母乳の危険性を医師が警告。

ニュース記事→こちら

育児の常識って、本当にめまぐるしく変化しますね。
カンガルーケアについては、そのリスクなんかもきちんと説明してもらった上で、同意書で意思確認をするので(少なくても私が関わった病院はすべてそうでした)、自己責任ということになるのでしょうが、母子同室とか完母推奨ってのは病院側の方針で断れる雰囲気なんてないですよね。。。

息子を出産した病院も、今回出産予定の病院も、まさしくこの3つを推奨しています。
カンガルーケア、完全母乳、母子同室。

この記事を読んで、ちょっと怖いな・・・と思うことはありますが、それでもやっぱり私は上記3つを実践して良かったと思います。
実際息子は何の問題もなく元気に育っていますし。

今のところ、第二子に関しても同様にしたいと考えています。
・・・が、私の場合、特別、母乳絶対信仰みたいのがあるわけではありません。
ただ単に、手間と経済的な面で、完母がいいな~と思っているだけ^_^;
もちろん母乳の出が悪かったら、即ミルクもあげます。

要は、母親はもちろん、病院側も新生児のケアを最優先に考えていればいいだけの話しなんですよね。
記事の病院が母乳にこだわりすぎて急変を見逃したのか、それとも防げない事故だったのかがわからないので、このニュースは個人的には時期尚早の感がありますが、いずれにしても産まれたばかりの赤ちゃんは不安定な状態にあることは間違いないので、きちんと病院と連携して見守っていくことが大事なんでしょうね。


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ