里帰り出産の弊害。

先日、自宅のほうの区役所から、新生児訪問の件で連絡がありました。
当初は1ヶ月健診が終わったら帰る予定でしたが、いろいろ検討した結果、自宅へ帰るのは3月中旬頃になる予定です。

で、他にもいろいろ話をしたら、驚愕の事実が判明。

実家で受けた妊婦健診は払い戻しができるけれど、予防接種や乳児健診は自己負担になるとのこと。
新生児先天性代謝異常検査の費用も自己負担だそうです。

えーーーーー?!って感じですよー!!
まさか定期の予防接種まで自己負担になるなんて。。。

自治体によって違うみたいなので、あくまでも私の住む地域ではそういう措置ということなのですが、おかしくないですか??
定期の予防接種って国が定めたんじゃないの?
里帰りが長くなるなら住民票移せってこと?!

てか、そんなんなら、紛らわしいから妊婦健診の助成券と一緒にしとかないでーーー(ToT)
それか、「県外で受けたときは払い戻しできません」って太字か赤字で目立つように書いておいてよーーー!!!

ったく、お役所仕事っつーか、杓子定規っつーか、ほんとやってらんねーぜ!!

結局、実家の方の役所ではイレギュラーな場合にも対応しているらしいのですが、なんかいろいろ面倒な手続きが必要です。
で、予防接種は自宅に帰ってからスタートさせることにしようかと考え中。
別に息子も保育園とか幼稚園に通っているわけでもないし、実家にいるうちはそんなに出かけたりもしないし。
とにかく感染しないことを願うしかありません。

そうなると、1ヶ月健診で病院行くのもちょっといやかも^_^;
ま、予防接種できたとしても2ヶ月からなので、1ヶ月健診で何かあったとしても同じなんですけどね。

いや~、事前に聞けてよかったです。
全部ふつうに払い戻しできると思ってたので、実家の自治体では行っていない2ヶ月健診とか、予防接種と一緒に受けようとしてましたからね。

先天性代謝異常の検査は、ま~払い戻しができないことを事前に知っていたとしても自己負担で受けたでしょうからいいですが。。。

しかし・・・解せぬ!!!!


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ