断乳六日目。~再び助産院へ~

頼みの綱だった旦那の夏期休暇が終わってしまい、日中は二人きりに。
最初の難関である、お昼寝前の抱っこに関しては、おんぶで乗り切り何とかねんね。

さてこれからどうしたものかと、助産院へ相談の電話をしました。
いろいろ話しましたが、とりあえずパイを診ないことには何とも。。。ということで、午後から助産院へ行ってきました。

断乳後のお風呂はずっと旦那が入れてくれていたし、着替えも息子の前ではしないようにしていたので、息子はこの日久しぶりにパイとのご対面です。
ピューっと出るおっぱいを見せられて、吸っちゃうんじゃなかろうか?!なんてヒヤヒヤしてましたが、息子はん・・・・・
終始大号泣でした(^^;

後半は手の空いた助産師さんが抱っこしてくれていましたが、それでも泣き止まず。
母ちゃんがいじめられてる!!!とでも思ってくれてたのかしらん?

で、私のパイですが。
ちょっと長期戦になりそうです。
断乳前は1日8回も出番があった超現役選手なので仕方ありません。
助産師さんからも「ほんとによく出るおっぱいだわね~」とお墨付きをいただくほど(苦笑)

今後も、できるだけ我慢→きつくなったらちょっと搾る→放置の繰り返しで、どうしてもダメになったら助産院へヘルプの予定です。

ネットでは、3日後とさらに1週間後にスッキリ搾りをしてもらい。。。的な記事をよく見かけていたので、私のパイも最終的にはスッキリと全部搾るのか聞いたところ、私の行っている助産院ではそういうやり方はしていないとのことでした。
このパンパンに張っているパイ、ほんとに放置でしぼんでくれるの??と甚だ疑問ではありますが、とりあえずは信じて頑張ります。

このブログは自分の記録用でもあるので、今後もパイの行方は書いていきますのでお楽しみに~!? 笑

断乳七日目。~緊張の糸が切れたか?!~へ続く。


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ