【図解あり】外出先でのエルゴ収納方法(インサートありでもOK)

私にとって、エルゴはです。
家の中でも外出先でも、エルゴは必需品です。

・・・が、いかんせん、エルゴはかさばるのです。
ましてやインサートもあろうものなら、エルゴを使用しない時間、ジャマでジャマで泣きたくなるほど。

エルゴ持って~。
インサートも持って~。
コートも持って~。
赤ちゃん抱っこして。。。。。
new_102111
ムリ~~~~~!!!!

エルゴをコンパクトにする方法

そもそも出産前は、まだ首のすわらない赤ちゃんを抱っこして外出する機会なんてそうそうある?と思っていました。
が、これが結構あるんですね~。

産後1~2週間頃の母乳外来。
1ヶ月健診。
お宮参り。
予防接種。
お食い初め。

特にやっかいなのが、病院!!
手荷物一杯の状態で、やれ保険証出せだの、母子手帳はあるかだの、ま~忙しい。
狭くて、ベビーカー使うとヒンシュクだったりする病院もありますし。

そこで、エルゴを最大限コンパクトにする方法を考えました。

①肩ひも部分を中へ折り込む。
new_DSC_0781
あ、私のエルゴ、年季物なので注意書きのタグ(?)が外れてますが、ちゃんと正規品です^_^;
・・・!息子の足うつってるし(笑)

②くるくるくる~っとして、腰ベルトを留める。
new_DSC_0783

さぁ、問題はここからですよ、奥様!

③インサートの中に入れちゃう。
new_DSC_0780

はい。
エルゴ本体を、赤ちゃんのごとくインサートに収めちゃうのです。
インサートの下の隙間にベルトを通さないとバラバラになってしまうのでご注意を。

え?かっこ悪い?
背に腹は代えられないんですって~~~(ToT)

腰ベルトを長めにすれば、肩にかけることが出来るので、赤ちゃんを抱っこするのも楽チン♪

もうね、恥ずかしいとか言ってらんないです。
手荷物でいっぱいになって、間違って赤ちゃん落っことしたら困るし。

1ヶ月健診付き添い無しで行って、めちゃくちゃ大変だった私の苦肉の策でした~。
予防接種も娘と二人で行っているので、毎回コレやってます。

もし、どうしても抱っこ紐じゃないとダメで、誰も付き添ってくれない時。
そして、そんな状況なのに赤ちゃんを抱っこ紐からおろさないといけない時。
そんな時が訪れましたら、ぜひ一度お試しあれ~。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ