【夜泣き奮闘記3夜目】精神的に一番きつい夜。

前回のお話はこちら→

さて、母がみせてくれた録画。
それは、4月11日に放送されたNHK「助けて!きわめびと」
夜泣きに悩む赤ちゃんをお持ちなら、ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

きわめびとの教えとは・・・

育児に関する情報はごまんとあって、何を信じるかは人それぞれです。
赤ちゃんの個性もあるので、必ずしも全員に当てはまるわけではありません。

今回のきわめびと(夜泣き専門保育士・清水悦子さん)のお話が、たまたま私にはしっくりときました。

そんな清水さんが教える、夜泣き改善のポイントとは・・・。
詳細は割愛しますが、要は「寝たフリ」しちゃえ♪というものでした。
トントンは、おかあさんが「起きている」と、子どもに教えちゃうので逆効果だったりするみたいです。

あ~、なるほどね~。
だから、トントンすればするほど泣いたのか・・・orz

さっそくその夜から実践です。
就寝から1時間後・・・泣いたーーーーー!!
母ちゃん必死の寝たフリです。

喉がちぎれるんじゃないかと思わんばかりのギャン泣き。
娘のギャン泣き中、ひたすら目をつぶって、いろんなことを考えます。

さぞや近所迷惑だよな。
虐待疑われたらどうしましょ。
息子や旦那も起きちゃうな。
ここでおっぱいあげちゃうとおっぱいが習慣化しちゃうんだっけ。
なんか自分のエゴを通してるだけなのかな??
単なるご都合主義だよね。。。娘よ、ゴメン!!
こんなツライ思いさせてまでおっぱいも抱っこもしないのは、ある意味虐待?!
これは、寝たフリが有効な場面じゃなくって、本当におっぱいを欲した泣きなのかも?え?その見極めは?!
などなど・・・

もうね、辛すぎるのです。

で、我慢できなくなり、おっぱいをあげようか・・・と思った瞬間、泣き止んだ!!!!
・・・が、すぐにまた泣き始めます。
やっぱりダメよね?!と思ったら、また泣き止む。
こうして、いこかもどろかで20分くらい経過した頃でしょうか。

娘が寝ました。
本当に急に。
泣き疲れたのかあきらめたのか。

何もしなくても本当に眠るんだとびっくりしました。

その後、3時間くらいしてまた起きましたが、同様に寝たフリ。
またもや激しいギャン泣きを聞きながら、いこかもどろか・・・。
次も20分くらいで寝ました。
そして、そこからは朝までぐっすり。

これでいいのか悩む日々。

まだまだつづく。


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ