【二人目断乳1】一人目とはこんなに違う!子どももおっぱいも!

昨年暮れに、無事断乳いたしました。

息子の時に、めちゃくちゃ苦労した断乳。
娘は自己主張がはっきりしていてわかりやすく、我の強さ的に息子よりも手強そうだと戦々恐々な父と母。

今回断乳を決意したきっかけは、夜泣き。
添い乳で慣らしてしまったため、多い時では1時間に1回は起きる。
しかも、1回の授乳が長い!
おしゃぶり代わりな感じで、気づくと1時間近く咥えてることも!
寝てると思って口を離すと泣くのです。。。

腰は痛いし寝れないしで、体力的にも精神的にも限界でした。

とりあえず断乳は旦那の協力なしには成立しないので、旦那の仕事納めである29日から断乳を開始しようと、準備を進めてきました。

ま、準備といっても、カレンダー見せながらの言い聞かせ作戦です。
でもこれ、3日坊主で終了~(笑)
意味あんのか?これ。と思ってしまって。
息子の時にはほとんど意味なかったような気がするので^_^;

そして迎えた12月29日・・・・・・には、実はすでに断乳済みでした!!!

まさか、こんなにあっさり成功するとは!
しかも、おっぱいも痛くない!!!

二人目の断乳がこんなにも楽だとは思いませんでした。

なんというか・・・、すごくラッキーな気持ち!
なんのテクもありません。
単に、娘の気持ちの切り替えが上手だったんじゃなかと思います。

なので、たぶんあまり参考にはならないと思いますが、自分の記録用に娘の断乳について書いていきます。

続く


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ