ショック!在宅ワーカーは学童を利用できないみたい?

4月からの児童クラブ(学童)の案内が市政だよりに書いてありました。
私の住む自治体では、11月の末から申込みがスタートするようです。

月数千円とお安いので、私もぜひ利用したいのですが・・・

どうやら在宅ワーカーには分が悪いようなのです。

学童に入れたい理由

小学校に入ると、放課後はどのように過ごしているんでしょう?

習い事などをしている人も多そうですね。

我が家の場合、今のところ習い事は考えていません(主に経済的な理由で 泣)

息子も特に「やりたい!」ということもないですし。

気になる友人の影響

ただ、小学校で仲良くなったお友達が習い事で遊べないということになると、
もしかしたら習い事をしたいと言い出すのかもしれません。

もし仮に習い事に通わせたとしてもせいぜい週一くらいでしょうから、
残りの4日間は家にいることになります。

宿題や予習・復習などをして過ごしたらいいとは思いますが、
気になるのはお友達との遊び方。

外で遊んでくれるならいくらでも

学童に行かない子同士、遊ぶ約束をしてくることもあると思います。

その時、できれば我が家では遊ばせたくないのです。

理由は、家で仕事をしていることも多いですし、まぁ単純に入れたくない(笑)

こちらが入れないのですから、当然相手の家に行かせるのも躊躇します。

公園で遊んでくれるならいくらでもどうぞ!といった感じですが(;^ω^)

優先順位が低め

いつもそうやって遊ぶ場所探しに苦労するくらいなら、いっそ学童で遊んでくれたらいいな。
というのが学童に入れたい理由です。

でもやっぱり、在宅ワーカーは、仕事をしているとはいえ親が家にいる状況なので、
優先順位としてはかなり下位になるっぽいんですよね。。。

特に、息子の生まれた2012年という年は子どもが多いのか、幼稚園もキャンセル待ちが出たりと、
何かと競争率が高い印象があります。

そうなるとますます、入れる確率はほぼなしと考えた方が良さそうです。

ご注意

私のような不純な動機(?)で学童に入れたいと言うと、
仕事にをしていて本当に学童が必要な方にお叱りを受けるかもしれません。

何度も書いている通り、私のような場合は優先順位が低いので、
そういった方たちを差し置いて学童に入れることはまずありませんのでご安心を(;^ω^)

学童の問題点とは?

もちろん、学童はメリットばかりではありません。

あくまでもネット情報などで、どこの学童もそうだというわけではありませんが・・・

①長期休暇中のお弁当作り

夏休みや冬休みなどの長期休暇は、お弁当を作る必要があります。

現在我が家ではお弁当が必要な人は一人もおりませんので、その時期毎日息子一人分のお弁当を作るとなるとやはり大変!

娘のお弁当も作って幼稚園に預けるという手もありますが、娘の方はそれなりに料金も高く、遠いので送迎も大変になります。

入学式前の春休期間中から学童を始める場合、4月に入ったらすぐお弁当を持って児童館で過ごすようになります。
幼稚園のように手厚く先生がお世話してくれるわけではないので、その辺はちょっと不安も。。。

②高学年によるいじめ

学童には1年生から5年生(一部6年生)までの生徒がいます。

低学年の小さい子たちは攻撃の対象になることも多いようで、パシリにされたりいじめられることもあるようです。

高学年になると先生に見つからないように狡猾にやる子もいるとか。

もちろんどの学童でも必ず発生しているわけではありませんが、ちょっと心配。

結論

親(というかダラ母な私)にしてみれば学童は魅力です。

格安(月数千円)で18時まで預かってくれるのですから。

ただ、入学してすぐは子どももやはり不安が大きいでしょうし、
せめて1年生のうちくらいは家にいて一緒に宿題をしたりして過ごすのがいいのかなぁとも思います。

学年があがるにつれて学童も入りづらくなるようですが、
またその時に考えるか・・・といった感じです。

もしかしたらその頃には外に仕事に出てるかもしれないですし・・・(;・∀・)


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ