上の子にイライラする私なりの理由と対策

世間がクリスマスだと浮かれている中、私はめっちゃイライラしておりました。

発端は息子の態度。

息子が小さい頃からたびたび悩まされてきた息子との確執。。。

確執と言うか、相性が悪い・・・のか?

とにかく息子にイライラする日々を私なりに考えてみました。

0歳~3歳頃

初めての出産、とにかく余裕がありませんでした。

息子がなかなか寝ずにイライラ。寝たと思ったらすぐ起きて泣く。

夜中に抱っこして家中うろうろ歩いたりするけれど泣き止まない息子。

起きない旦那。イラつく私。

寝室のドアを叩く嫁

たびたび授乳で起きるので私と息子は別室で寝ていました。

寝室で寝ている旦那にイラつき、ドアをダンッッと叩いてしまったことがあります。

旦那は次の日仕事なのに、寝かしつけを交代してくれて、申し訳ないと思いつつ私は寝かせてもらいました。

発達障害を疑う日々

息子はやや育てにくい子だったと思います。

・急に床に自分の頭をたたきつける
・体操やダンスなどを一切やろうとしない
・児童館に行ってもひたすら私の膝の上にいて動こうとしない
・排水溝の隙間から石を入れる遊びをひたすらする
・靴下を履かせるとつま先が気持ち悪いと言う
・つかみ食べがうまくできない

など、もしかして発達障害?と疑ったことも一度や二度ではありません。

私はこの頃から、常にイライラしていたような気がします。

第2子妊娠

息子が1歳半過ぎの頃、第2子を妊娠しました。

つわりで動けず、実家から母を召喚。

息子の世話をお願いしました。

たぶん息子には随分寂しい思いをさせてしまったと思います。

上の子可愛くない症候群

娘が産まれ、息子に対するイライラは加速していきました。

区が主催する育児に疲れたママが集まるイベントに参加するなど、その頃の私は疲れ切っていました。

ちょっと病んでいたと思います。

「親子でも相性ってあるからね。。。合わないこともあるのよ」と慰めてもらいました。

成長とともに原因が見えてきた

幼稚園に入園し、つつがなく幼稚園生活を送る息子。

発達を疑ったのは私が過剰に神経質だったからなのだと気づきました。

実際当時から、親にも旦那にもママ友にも「息子君は全然大丈夫だよ」と言われていましたし、区の発達相談でも「この子の性格だね」と言われていました。

同族嫌悪

息子が成長するにつれ、イライラの原因がわかってきました。

息子、私にそっくりなのです。

私が息子に注意するセリフを聞いていた旦那は「うんうん、そうそう。よくわかってるんじゃん。それ全部、嫁お前自身のことだよ?」と思っていたそう。

強情っぱりで負けず嫌いでプライドが高くて神経質。

そんな私のダメなところを見事に受け継いだ息子。

DNAってすごいですね(;’∀’)

過度な期待

娘がやっても許せるけれど、息子だとイライラしてしまう。

そんなことが多々あります。

自己分析すると、どうやら私は息子には完璧を求めているようです。

そして、自分の思い通りに動いてほしいという願望が強いらしい。

なぜなんでしょう?自分でもよくわかりません。

娘が突拍子もないことをすると笑えるのに。。。

私がイライラするのは息子よりも…

そんな毒親(私)のもとで育てられた息子はかなりの我慢をしていると思います。

息子の我慢やいじらしさを汲み取って息子に優しくしているのが旦那と実母です。

だから息子はおとうさん大好きっ子です。

そして何でもおとうさんおとうさんなので、私には懐かないと思いどんどん気持ちが離れる悪循環。

娘にキツイとイライラ

たぶん旦那的には平等な扱いなのでしょうが、私から見ると旦那は娘に当たりがキツイように見えます。

私はつい娘をかばい、原因となった息子を叱る。

息子は何で自分ばっかり言われるの?という気持ちになるし、そんな息子を旦那は甘やかす。

その姿に私はさらにイライラしているのです。

結局は息子と旦那にイライラ

最終的には私は息子と旦那にイライラしています。

そこに疎外感を感じているのでしょうか?

潜在意識下で嫉妬しているのかな???

自分でも自分の気持ちがわかりませんが、イライラの対象は息子より旦那に対しての方が強いかも。

もちろん可愛い

上の子可愛くない症候群だと思うと書きましたが、息子のことはもちろん可愛いです。

何かあったら全力で守ろうと思っています。

なのに、些細なことでイライラします。

私なりに努力もしてみました。

①良いところを見るようにする

ついつい悪い所ばかり目についてしまうので、良いところを見ようと、一時期専用ノートを作っていたことがあります。

下の子出産などでバタついてうやむやになってしまいましたが、もう一回復活しようかな。。。

そして、良いところを見つけたら都度褒めてあげようと思います。

うん。これは今日からやろう!

②小さい頃の写真や動画を見る

生まれてきてくれてありがとう。在することだけでありがたいと思えたあの日を思い出すためには、やはり写真や動画が一番。

可愛いな。。。とほんわかした気持ちになるんですけどね。その時は。

目の前で兄妹ケンカが始まると「ちっ!また?」と一瞬でイライラモードになります。

私にとってはあまり有効策ではないかな。

③息子の気持ちになって考える

私に最も欠如していると思われる部分です。

そして、息子にもよく言っています。

相手の気持ちになって考えてみろと。

これができるようになったら、私も息子ももっと生きやすくなるんですよね。

まずは私が変わって、手本を示さないといけません。。。

難しいですが、努力します。

まとめ

息子が頑張っている・我慢しているのは私もわかっています。

息子ばかり叱っているのではなく、もちろん娘も同様に接しているのですが、息子は「自分だけ言われる」と感じています。

娘は末っ子気質でとにかく懐に入るのがうまいのです。

対して息子は思うように甘えることができないし、素直じゃないのです。

う~ん、まさに私。

とりあえず、自分がしてもらったら嬉しいことを、意識して息子にたくさんしてあげることから始めてみようと思います。

その後息子との関係に変化がありましたらまた書きますね。


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ