日本初の母乳バンク誕生。提供者の条件は?

低出生体重児への対応で日本初の「母乳バンク」が誕生したというニュースがありましたね。
詳しくはこちら

精子バンクやら卵子バンクの時にも賛否ありましたが、今度は「母乳」です。
他人の母乳って。。。どうなんでしょうね?
産まれたての我が子が最初に口にするものが人様の母乳・・・・。
う~~~~~ん、私なら、めちゃくちゃ抵抗あります。

もちろん保存する母乳はいくつもの検査をクリアして品質管理も万全なのでしょうけれど。
提供者の感染症の有無、喫煙や飲酒歴、病歴、食事内容・・・どこまで調べるんでしょうね?

母乳が出るということは、死産やすぐ里子に出したなどの特殊な事例を除けばきっとその提供者の大半は自分の子どもに母乳を与えているのだと思われるので、まぁ大方条件はクリアできている場合が多いのでしょうが。

でもこれって、私はふつうに母乳が出たから思うことであって。

母乳が一滴も出ず苦しんでおられるママさんたちは、喉から手が出るほど欲しいものなのかもしれないですね。
腸が壊死する場合があるとか言われたら、そりゃあ飲ませたいよなぁ。。。
赤ちゃんの抵抗力もだいぶ違ってくるんだろうし。。。

献血でも臓器提供でも同じなんでしょうが、やっぱり自分が必要な立場になると「もっと提供者が増えてくれれば!」と思いますよね、きっと。

・・・となると、一応母乳が出た立場としては、提供者の条件ってやつが気になるところですが。
年齢制限とかあるのかな~(汗)
もし私がもらう立場だったら、若いお母さんの母乳の方が欲しいかも^_^;←勝手だな~(笑)
あまり気にしたことなかったけど、母乳って年齢によって変わるのかしら??きっと変わらないよね?!

母乳が出ている期間なんてごく短い期間だし提供のチャンスはないかもしれないけれど、もしそんな機会に恵まれたら提供してみようかな~・・・と、献血ですら一度しかしたことのない私ですが、思ったのでありました。


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ