母乳育児中の食事で食べたらダメなものと乳腺炎の関係。

母乳育児中って食事に気を使いますよね。
妊娠中よりも出産後の方が厳しいなんて、出産するまで知りませんでした。

一般的に母乳に良くないとされる食べ物は、アルコール・カフェイン・脂っこいもの・乳製品・甘いもの・香辛料など刺激が強いものなどでしょうか。
具体的には、お酒、コーヒー、揚げ物、ケーキ、チョコレート、ピーナッツ、マヨネーズ、カレー・・・とかよく聞きますよね。

特に生クリームとかチョコは、「食べたらすぐ乳腺炎になる」と思い込んでいて、相当ビビッておりました。

で、私が乳腺炎になった時のこと。
マッサージをしてもらいながら助産師さんといろいろな話をしていると、「乳腺炎は食事に関係ない」というお話が。
要は赤ちゃんが飲み残した部分が詰まって乳腺炎になるとのことでした。
あとは体質らしいです。詰まりやすい人は何を食べても詰まるとorz

ま、直接的な原因ではないにしても。
脂っこいものや乳製品を食べることでおっぱいがまずくなり、結果赤ちゃんが飲み残すってことも考えられるでしょうから、まったく関係ないってことはないと思うんですがね。

でも確かに、結構何でも食べていましたが、乳腺炎になったのは一度だけでした。
特に離乳食が始まってからは気が抜けちゃって、カレーも解禁しましたし、甘い物はほぼ毎日のように食べてました。
揚げ物も、1歳の誕生日前後に授乳回数が減った時期があって、その頃に解禁しました。

じゃあ二人目の時は最初から何でも食べる?と聞かれたら、答えはノー。
やっぱり乳腺炎こわいし(笑)
赤ちゃんにもできるだけおいしいおっぱいを飲ませてあげたいですし。

ただ、その頃息子が何歳になってるかにもよりますよね。
結構大きくなってたら、から揚げとかカレーとか食べたいんだろうし。
旦那と息子がカレー食べてる隣で、私だけ塩むすび・・・??
そんなの悲しいしめんどくさい!!!

・・・うーん、やっぱり二人目急がないと・・・^_^;←家族計画に自分の食べ物優先って(苦笑)

ちなみに、私が乳腺炎になった時。
10円まんじゅうを3個食べた後しこりが出来ました。
・・・やっぱり食べ物も関係あるよね~~???


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ