肺炎球菌13価の予防摂取と副反応。

昨日ヒブと肺炎球菌の追加分とインフルエンザの予防接種をしてきました。
お風呂上がり、太ももに少し赤いポツボツ。
今朝見たらちょっと大きくなってました。

出ているのは左の太ももの裏側で、左の太ももに肺炎球菌の予防接種をしているので、たぶんこれの副反応と思われます。
熱はなく食欲もあり元気。

ただ、朝からなんとなく機嫌が悪い。ニコニコ遊んでるかと思ったら急に泣き出したり。
眠そうな感じもあるけど寝ない。

息子と一緒に私もインフルエンザの予防接種をしたのですが、左腕結構痛いので、息子も痛いのかもしれません(´・ω・`)

・・・と、前置きが長くなってしまいましたが、本日のメインは肺炎球菌13価の方です。
副反応も心配ですが、2~3日で消えることが多いみたいなので様子見です。かゆそうな感じもないですし。

発疹を発見して、肺炎球菌を摂取したのはどっちの太ももだったかな?と確認するために母子手帳を見ました。
すると、肺炎球菌のところに手書きで13の文字が。
なんじゃこれ?と思って肺炎球菌13で調べてみました。

すると、肺炎球菌のワクチンが今年の11月1日より、7価から13価に変更になったとのこと。
7価に含まれず、日本でもかかりやすい菌株を追加したのが13価らしいです。
肺炎球菌は通常4回摂取しますが、13価を1回だけの摂取でも抗体は十分にできるようです。
すでに4回の摂取を7価で終えている場合、自費になりますが13価の追加摂取をすることも可能だそうです。

1歳の誕生日を迎え、ヒブ・肺炎球菌の追加摂取の前に水痘・おたふくの摂取をし、その後バタバタして都合がつかず結果的に今の時期になってしまいましたが、何だかラッキーでした。

4週開けてポリオとDPTと水痘とインフルエンザの予防接種をしたら、ようやく予防接種も一段落です。
息子よ、あともう少しだ!!!がんばろうね!!


スポンサーリンク



コメントを残す

このページの先頭へ